英語で学ぶコンピュータ・サイエンスVol.2 特別編の事前案内(宿題・注意事項)

英語でまなぶコンピュータ・サイエンス vol2 特別編 Debug へお申込み頂き、ありがとうございます。

開催日が近づいてきましたので、当日の宿題注意事項についてご説明します。
少し長くなりますが、最後まで目をとおしていただきますようお願い致します。

1.集合時間、当日の流れについて

授業開始前にWifiやログインの設定を行いますので、13:20までに会場にお越しください。
当日の流れは下記のように予定しています(進行状況により若干変動します)

13:30  開場、受付開始
14:00  授業の説明(日本語)10分
14:10  イントロダクション 10分
14:20  第1部 50分
15:10 休憩 10分
15:20 第2部 60分
16:20 クロージング、アンケート記入 10分
16:30 終了 

<会場>

Fukuoka Growth Next  1F イベントスペース 福岡県福岡市中央区大名2丁目6−11
※会場に駐車場・駐輪場はありませんので公共交通機関をご利用ください。

2.イベントの目的とお願い

このイベントの目的は、コンピューターについて正しく理解することではなく、「コンピューターについて英語で学ぶ」という普段はできない体験を、子どもたちの心に「楽しかった思い出」として残してもらうこと、そして、Webで繋がることで、物理的な距離は克服できると体感してもらうことです。
それによって、未知のことに挑戦し学ぶ楽しさや、テクノロジーへの好奇心を少しでも育んでもらえたらと考えています。英語で学ぶことはとてもハードルが高い試みですが、子どもたちが「また挑戦したい!」と思える場作りを目指して準備をしています。
日本語でもサポートしていきますが、意外とお子さんの方がよくわかっていたり、英語のわかるお友達が教えてくれたりしますので、スタッフは手や口を出しすぎないようにサポートしようと考えています。
会場では、ご家族の方は少し離れて参加していただくことになりますが、授業前にWifi接続とアプリへのログイン作業をお子さんとご一緒にお願いいたします。授業内容を一緒に見ていただき、ご自宅へ帰ってからお子さんといっしょに楽しく振り返りができると記憶にしっかりと残ると思います。

3.宿題について

宿題は、当日の授業をより理解するための準備になりますので、ぜひお子さんと一緒に楽しみながら取り組んでください。
今回の授業では、Seesawという学習支援ツール(アプリ)を使用します。Seesawは、PC、タブレット、スマートフォンで利用できます。
Seesawにアカウントを作り、クラスに参加してアクティビティ(宿題)をします。
タブレット、スマートフォンを使われるときは、Seesawアプリをダウンロードしてください。

▼ダウンロードサイト
iPhone,iPad   https://itunes.apple.com/jp/app/seesaw-the-learning-journal/id930565184
Android https://play.google.com/store/apps/details?id=seesaw.shadowpuppet.co.classroom
PC https://web.seesaw.me

操作方法や宿題の内容で分からないことがあれば、お気軽にLINEまたはメールでお問い合わせください

①Seesawのクラスに入る

「Debug 3」のクラスに入ります。クラスコードは ZUXM ZCKD(6月10日まで有効)です。

※A,Bどちらかの方法でログインしてください
※動画のクラスコードは実際と違います

A.Seesawを初めてを使う人

パソコンの場合は、SeesawのサイトからSign up、スマホ、タブレットの場合は、アプリを立ち上げます。「I’m a Student」をクリックしアカウントを作成します。Googleアカウントを利用することも可能ですが、会場でパソコンを借りる方はメールアドレスとパスワードを忘れないようにお願い致します。

▼Seesawアカウントの詳しい作り方はこちらの動画をご覧ください。

B.Seesawを使ったことがある人

▼2回め以降Seesawを使うとき、ログイン方法はこちらの動画をご覧ください。

▼ログインできたら、新しいクラスに入ります。新しいクラスの参加方法はこちらの動画をご覧ください。
クラスコードは ZUXM ZCKD(6月10日まで有効)

②アクティビティ(宿題)をする

今回は4つの宿題を準備しています。Seesawにログインし「Activity」のタブをクリックしてください。

▼Activityの操作方法はこちら

《宿題1》

コンピュータの世界でプログラムの中にある誤りや間違いのことを「bug(バグ)」と呼びます。そして、「バグ」の直し方のことを「Debug(デバッグ)」と呼びます。

宿題ではこのバグやデバッグを学ぶ準備として、絵の間違い探しをして、その間違いを分類することを学びます。コンピュータのバグの分類は大事な概念です。例えば、ブタがサングラスをかけているなど非現実なことを「間違い」とします。

まずは、何に関する間違いなのかを分類しましょう。
●動物に関する間違い→紫色の線で囲む
●人間に関する間違い→黄色の線で囲む
●それ以外の間違い→オレンジ色の線で囲む

《宿題2》

次に、バグの程度について学びます。
同じ絵を使いますが、今度は間違いの「程度:DEGREE」で分類してみましょう。

※この問題は主観に左右されるため正解はありません「程度で分類する」ということが大事です。

《宿題3》

こちらは、授業の最初に行う「Show and tell」用の宿題になります。「好きなもの」を書いて、それを読み上げて録音してみましょう。英語でチャレンジしてみてください!当日その「好きなもの」を持ってきてください(持ってこられない人は写真や絵など)。それを見せながら発表してもらいます。
※Show and tellとは、みんなの前で何かひとつ発表して話しをするアクティビティです。

4.ポイントアプリについて

イベントに参加すると、ポイントをもらえるアプリを用意しています。もらったポイントは、教えてくれた先生やスタッフ、お友達にプレゼントすることができます。アプリは、パソコン、タブレット、スマートフォンで使えます。イベント当日にまた説明しますので、是非登録してくださいね!

5.持ち物について

パソコンまたはタブレット(貸し出し依頼されている方以外)を忘れないようにお持ちください。Seesawにログインしますので、アカウント情報(メールアドレスやパスワード)を忘れないように持ってきてください。(※Googleアカウントでログインされた方もgmailとパスワードを忘れずに持ってきてください。)
タブレットの方は、授業でKahoot(https://kahoot.com)を使用しますので、アプリを事前インストールお願いいたします。

6.参加にあたっての注意事項

当日の様子についての写真・動画や感想文・作品などは共催団体の業務(ホームページ・ソーシャルメディアへの掲載を含む)に使用する場合があります。予めご了承ください。撮影がNGの方は事前にお知らせください。
※参加者の方が撮影し投稿された動画は、当イベントのみで利用いたします。

ご案内は以上になります。ご不明な点などありましたら、LINEやメールなどでいつでも遠慮なくお問い合わせください。

Kids Code ClubのLINEはこちら
@KidsCodeClub
https://line.me/R/ti/p/%40hxs5309k

メールはこちら
info@kidscodeclub.jp

それでは、当日会場にてお会いできることを楽しみにしています!