Topics

【速報】エストニアが世界初の政府ICOに向けて計画「estcoin」

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr

最も先進的な電子国家エストニア共和国が世界初の政府ICOを開始しました! 現時点においては提案段階であるため購入はできませんが、すでに予告サイトも公開されています。

未来型国家のエストニアが世界初の政府ICOを開始しました。

ICO(イニシャル・コイン・オファリング)とは企業またはプロジェクトが自らのトークンやコイン(従来の金融市場における株式のようなもの)を発行し資金調達を行うこと。

エストニア共和国が、e-Residencyプログラムの一環として、世界初の政府によるイニシャル・コイン・オファリング(ICO)の計画を明言した

ひとこと

日本でもICOプラットフォーム「COMSA」が登場して、年内に3社ほどのICO予定で盛り上がっていますが、エストニア政府がやってくれました。世界初の政府ICOを開始。桁違いの額の資金調達を実現しそうですね。ICOの認知度も上がり、資金調達の仕組みが変わる転換点ですね。公式のブログ記事もあるので確認して見てください。

‘Estonia has just 1.3 million residents, but what would happen if our country had 10 million digital residents too?’ エストニアには130万人の居住者しかいないが、もし我が国に1000万人のデジタル住民が住んでいれば、どうなるだろうか?

この記事を書いた人

11月ですね。台風シーズンが終わると、日を追うごとに気温が下がり、どのタイミングでストーブを出すべきか悩ましい季節が今年もやってきました。 ストーブの上でやかんがしゅんしゅん鳴るのが大好きなので、どの暖房器具よりも圧倒的にストーブ派なのです。もちも焼けるし、焼き芋も。いい季節がやってまいりました。

Write A Comment