プログラミング学習ガイド

①wooclap(ウークラップ)で発表しよう

Wooclapはこちら

②プログラミングを体験しよう

自分が興味のある教材を選んで、自由に試してみてください。
操作方法など分からないことがあれば手をあげて聞いてください。

Code.org(コードドットオルグ)

これまでに世界180カ国、のべ2億人以上が利用している世界で最も有名なプログラミング教材の一つです。マウスでブロックを組み合わせてキャラクターを動かしたり、ゲームをつくることができます。画面の上の方に表示されるやり方を見ながら進めてください。

Code.orgのMinecraftはこちら
Minecraftのキャラクターを動かして、狩りをしたり家をつくったりします

Code.orgのアナと雪の女王はこちら
アナと雪の女王のキャラクターを動かして、模様や図形をなど絵をかきます

Code.orgのフラッピーバードはこちら
鳥が土管の間をくぐっていくゲームをつくれます

CODEMONKEY(コードモンキー)

イスラエルの75%の小学校(1,700校)で使われているイスラエル発のプログラミング学習ゲーム。主人公のおさるをプログラムで動かしてバナナを集めます。

CODEMONKEYはこちら

CodeCombat(コードコンバット)

ヒントを元に自分でコードを入力していくプログラミングゲームです。ステージを進むにつれて経験値やジェムがもらえて、装備やアイテムを購入することができます。

CodeCombatはこちら

Progate(プロゲート)

IT企業の研修にも使われている、東大生が作ったプログラミング教材です。テキストを見て学びながら、実際にコードを書いていく上級者向けです。様々な種類の言語を学習しながら、カリキュラムに沿って実際にWebサイトやアプリなどをつくることもできます。

Progateはこちら

※Progateがしたい人は先生のところまでアカウントを取りに来てください