===============================

【重要】イベント延期のお知らせ(2020.6.21 11:00更新)

6/14に予定しておりました、英語で学ぶコンピュータ・サイエンス(CS in English)Vol.3 第2回は、昨今の社会情勢を鑑み、7/19に延期させて頂くことになりました。当イベントには、参加者の方や、先生、スタッフなど、アメリカ在住の方も多く関わっており、皆様の安全を第一に考え、判断させて頂きました。

6/14より前にお申し込み頂いている方の再申し込みは必要ありません。
日程変更によるキャンセルのご希望がありましたらLINEでご連絡ください。

===============================

英語で学ぶコンピュータ・サイエンス(CS in English)Vol.3  第2回「How the Internet works:インターネットって何だろう?」オンライン開催のお知らせです。

リアルタイムにインターネットの中継でつながり、シアトル(アメリカ)と日本からエンジニアが英語で授業を行います。みんなで同じ教材を使い、クイズや写真投稿による授業参加に挑戦します。先生と参加者が交流できる、ビデオ会議サービス「Zoom」を使ったオンライン授業になります。すべて英語での授業となりますが、英語がよくわからなくても楽しい授業になるように工夫していますのでぜひ挑戦してください!

4月に開催した第1回(Youtubeはこちら)は、日本各地とアメリカ、中国、オーストラリアなどから、90名近くの子どもたち、見学など大人も合わせると総勢100名以上がオンラインで参加してくれました!今のこの大変な時期だからこそ、知識の習得だけを目指すのではなく、たとえ分からなくても新しい言語や知識に触れ挑戦する楽しさ、家にいても世界とつながれるテクノロジーの素晴らしさを体感してもらうことを大切にしました。子どもたちの新しい好奇心のきっかけにつながっていたらとても嬉しいです。

第1回に参加したキッズにも出演してもらいCMをつくりました😉

今年度(全5回)のスケジュールと講師の紹介はこちら!

<第2回開催概要>

日にち:6月14日(日) ※7月19日(日)に延期となりました
時間:9:30~11:00(日本時間)
参加費:無料
対象:小・中学生(8歳~15歳ぐらいまで)
※内容は小中学生向けですが、高校生もお申込みいただけます
定員:なし
必要なもの:インターネットに接続されたパソコン(Zoomのインストールが必要です)、Google PhotoのためにGoogle アカウント
参加方法:お申込みをされた方にお知らせいたします

<How the Internet works:インターネットって何だろう?>

皆さん毎日が使っているインターネット、どうやって動いているか不思議だとおもったことはありませんか?どこでもwww.google.com と打てば、GOOGLEの画面がでて、検索ができるのはどうしてでしょうか?LINEとかで友達とやり取りができるのもインターネットが頑張って仕事をしているからです。その仕組をいろいろなアクティビティやクイズを使って、学んでみせんか?優しい先生たちが教えてくれますよ。

<講師>

◆加瀬詩子 Utako Kase (in Seattle)
2019年にワシントン大学を地理学専攻、CS副専攻で卒業。高校時代からエンジニアになることを目指し、2015年渡米。卒業後はAmazonシアトルオフィスにて、AWSインフラ系のチームに所属。地理とCSの二つのスキルを生かす、駆け出しのソフトウェアエンジニア。女性エンジニアのロールモデルを目指している。


◆Ricky Chai (in Tokyo)
2018年にワシントン大学でコンピューターサイエンスの理学士の学位を取得。UW Professional & Continuing Educationのプログラミングクラスのインストラクター、UW Math Study Centerの微積分学のチューター、スタートアップ企業の共同創業者などとしての経験がある。他にはAmazon本社でソフトウェア開発のインターンシップもしたことがある。


◆大野洋 Hiroshi Ono (in Seattle)
日本で12年、アメリカで12年、ソフトウェアエンジニアの経験を持つ。現在はシアトルにあるビデオ管理サービス企業 Panopto で Prinicipal Technical Lead として働く。ITエンジニアの年齢的限界という俗説を打ち破るべく日々精進中。

<諸注意>

  • パソコン等の操作が難しい場合がありますので、保護者の方はお子様のそばで見学されてください。
  • 当日はイベント申込者限定の非公開の授業になりますが、後日、録画した動画を参加者の顔を隠してYouTube等で公開する予定です。
  • ビデオでお互いの顔が見える状況で授業を行いますので、できる限りカメラをONにしてください。顔を映したくない方は、ご自身でカメラをOFFにして頂きますようお願い致します。
  • イベントに関する写真・動画や感想文・作品・投稿などを共催団体の業務(ホームページ・ソーシャルメディアへの掲載を含む)に使用する場合があります。予めご了承ください。ご自身のものについて使用がNGの方は、申し込み時にお知らせください。

<授業で使う教材(予定)>

アクティブラーニングツール「Wooclap」、誰でも簡単にクイズをつくって遊べるアプリ「Kahoot!」、写真を共有する「Google Photo」などを利用して学習過程を共有しながら進めていきます。事前に動作確認をされていると安心です。
※内容は変更になる場合があります

Wooclap  https://wooclap.com
Kahoot https://kahoot.com
Google Photo https://www.google.com/intl/ja/photos/about/

<宿題・準備について>

  • すべて英語での授業になりますが、YouTubeで日本語版の予習授業を配信します。事前にそちらを視聴したうえで参加していただきます。
  • 授業をより楽しめるように簡単な宿題を出す予定です。
  • 当日スムーズに参加していただくために、事前にZoomの接続テストを行う予定です。

詳しくは、お申し込み頂いた方に後日LINEで案内をお送りします。

<参加サポートについて>

Zoomでの参加方法や、授業中に使うツールについて分からないことがあった場合には、Kids Code ClubのLINEにて参加サポートを行っています。困ったときには気軽にお声かけください👌
※回答はリアルタイムではなく受付順に随時行います

▼Kids Code ClubのLINEはこちら(友だち追加が必要です)
@KidsCodeClub
https://line.me/R/ti/p/%40hxs5309k

<よくある質問>

Q. 英語の経験がほとんどないのですが大丈夫でしょうか?
A. 英語の経験がほとんどないお子さんも多数参加されています。言葉が分からなくても、できるだけ見て伝わるようにイラストや図を多く使ったり、アクティビティの時には日本語でのサポートも行っていますので、申し込み時のアンケートで英語の経験を「ほとんどわからない」を選択してお申し込みください。

Q. iPadなどのタブレットでも参加できますか?
A. Zoomが使えるタブレット、スマホなどでも授業の視聴・お申し込みは可能です。ただし、他のツールを使った授業中のアクティビティに参加する際に、切り替えが難しい場合があるため、パソコンでの参加を推奨しています。パソコンを使わない場合は、タブレット+スマホなど、デバイスを組み合わせると便利です。

Q. 兄弟でパソコン1台でも参加できますか?
A. ご参加頂けます。パソコンを一緒に使って、視聴したりアクティビティに参加していただくことになります。

<申し込み>

申し込み締切:7/17 24:00

申し込み方法:
①LINEでKids Code Clubを友だち登録してください
②「7/19イベント申込希望」とメッセージを送ってください
③「参加申込みフォーム」を返信しますので、入力して送信してください
※返信をお待たせする場合があります
④フォーム送信後、登録したメールアドレス宛にイベントの参加URLがメールで送付されますので、当日まで大切に保管してください。万が一届かない場合はLINEでお問い合わせください。

※宿題や当日の参加方法などの連絡、サポートなどはすべてLINEを通して行います

Kids Code ClubのLINEはこちら
@KidsCodeClub
https://line.me/R/ti/p/%40hxs5309k

<共催・協力・後援・協賛>

共催:
Seattle IT Japanese Professionals (SIJP) https://sijp.org/
Kids Code Club https://kidscodeclub.jp/
特定非営利活動法人くまもとLRネット https://www.kumalr.net/
国立大学法人 九州工業大学 https://www.kyutech.ac.jp/
Bellevue College https://www.bellevuecollege.edu/
久留米大学 https://www.kurume-u.ac.jp/
仙台高等専門学校・名取キャンパス
熊本県立大学(小薗研究室) https://www.pu-kumamoto.ac.jp/~k-kozono/

協力:
トヨタ自動車九州株式会社 https://www.toyota-kyushu.com/
株式会社ハウインターナショナル https://www.haw.co.jp/
株式会社chaintope https://www.chaintope.com/
一般社団法人 家庭教育研究機構 
一般社団法人 日本トランスレーション協会 https://www.japantranslation-association.com/
CoderDojo 福岡 https://www.facebook.com/CoderDojoFukuoka/

協賛:
JUNGLECITY https://www.junglecity.com/
株式会社グローバルスマイルジャパン
株式会社ヴィネット

後援:飯塚市教育委員会

Comments are closed.